害獣を退治するには

アライグマ

退治方法と注意点

アライグマは見た目の可愛さとは反対に凶暴な性格で、触ろうとして手を出すと噛まれる危険性があります。さらに、野生のアライグマの体には回虫が寄生していたり病原菌などが付着しているケースがありますので、駆除作業をする際は分厚い手袋をつけることが大切です。家屋に浸入してくるアライグマの場合は、害獣用の燻煙剤や忌避剤を侵入口から離れた位置において使用するのがコツです。この際には、小さな子供やペットが触らないように注意してください。侵入口が分からないときは、害獣が近づくと反応するフラッシュ付きのライトや水を噴射するグッズを利用してみましょう。アライグマなどの動物は光を嫌う習性があるので、怖がって近づかなくなる効果が期待できます。畑や池の鯉などの場合は電気柵や滑りやすいトタン板などで周囲を囲んでしまう方法もあります。これらのグッズはあくまでもアライグマを追い出したり近づかせないことを目的としたものです。また、家屋内に巣を作り子育てしている場合は簡単に出て行きませんから、業者や自治体に駆除対策を相談しましょう。繁殖力が強く適応能力が高いアライグマは巣を作る場所になじんで毎年出産し、家族を増やしていきます。そうなると駆除も大がかりになってしまいますから、早急に駆除対策を行いましょう。アライグマを近づかせない方法として、生ごみを放置しない、家の中に食べ物を置いたままにしないなどがあります。また、池に頑丈で目の細かいネットを張っておくと予防対策になります。

Copyright© 2018 シロアリの侵入は危険!ひびが入っているという症状が見られたら注意 All Rights Reserved.